熊本県くまもとの米粉トップへ

学校給食

最終更新日:

米粉パン写真

熊本県では、子ども達の地元農業への理解が深まることを目指して、学校給食における地元農産物の利用を推進しています。この取組みの一環として、全国に先駆けて平成21年9月から県内の学校給食に米粉パンを取り入れました。その後、米粉入りパンの種類を増やし、現在では次の各種パンと麺が取り扱われています。
 

 

米粉パン

       平成21年9月に登場した、県内の学校給食で米粉を使った初めてのパンです。熊本県産の米粉と小麦粉が入っており、しっとりもちもちの食感 

    で、腹持ちが良いのが特徴です。    

 

 

玄米パン

平成26年6月に登場した、熊本県産の玄米と小麦粉が入ったパンです。玄米は白米と比べて、豊富な栄養がバランスよく含まれていることから、人気がある食材です。しっとり柔らかな食感に加え、香ばしい風味が特徴です。

 

 

米粉入りかぼちゃパン

平成29年4月から、熊本県産の材料としてこれまでの小麦10%に新たに米粉が10%入ったパンが登場しました。ほのかに甘く、かぼちゃの自然な色合いが特徴です。

 

 

米粉入り人参パン

平成29年4月から、熊本県産の材料としてこれまでの小麦10%に新たに米粉が10%入ったパンが登場しました。更にこのパンには、高濃度のカロテンを含んだ熊本県産の人参が使われています。人参の自然な色合いが特徴です。 

 

 

米粉入りうどん麺

平成22年4月から登場した、熊本県産小麦粉と米粉を配合して作った冷凍うどん麺です。お米の風味が口の中に広がる新感覚のうどんです。子ども達に食べやすい長さにカットされており、普通の麺よりまろやかです。

このページに関する
お問い合わせは
(ID:973)

熊本県農林水産部生産局農産園芸課
〒862-8570  熊本市中央区水前寺6丁目18番1号   Tel:096-333-2389096-333-2389   Fax:096-382-8612   

Copyright(C) Kumamoto Prefecture 2019. All rights reserved